高麗人参を食べた時に感じる味

生の高麗人参をゲット出来るチャンスが巡ってきたら、是非一度その味をしっかり試してみて下さい。
滋養強壮や血行促進効果のある万能な高麗人参も、やはり漢方薬独特の苦みや甘味の混ざったなんともいえない独特の味を体感できると思います。
良薬口に苦しという言葉通りなのですが、それでもその効能をしっかり体へ届けるには、その味も鼻や口といった感覚神経でちゃんと受け止めてしっかり味わっていく事は大切だと思います。

じっくり煮込んでお茶として煎じて飲むと、その独特の味もかなり薄められるので飲みやすいかと思います。
高麗人参の原産地の本場の韓国では、お土産用として高麗人参のアルコール漬けやハチミツ漬けの他にもお茶、サプリメント、チョコレートやキャンディといった形で加工しながら販売されているようです。
日本の美容や健康系のメーカーでも高麗人参ミルクティーや高麗人参カフェオレといった風に、飲みやすく開発している製品が人気を呼んでいます。

チョコレートやキャンディ、紅茶、コーヒーといった比較的味が濃い物とミックスすると、高麗人参独特の味もそう気にせずに摂取していけそうです。
そのままの味がどうしても苦手な方は、このようにサプリメントやお茶、開発製品を上手に活用していくのも賢い摂取法だと思います。
もともとは韓国で食されていた高麗人参ですが、日本で食べられるようになったのはいつ頃からなのかご存知ですか?
高麗人参が日本で食べられるようになるまでの歴史についてこちらのサイトで詳しくまとめられていましたので、是非ご覧ください。